タウリンの効果は?

タウリンってなに?

 

本来、タウリンは人間の体の中で合成される成分ですが、タウリン量は年齢によって変動すると言われています。
年齢を重ねるに連れて減少するとも言われており、積極的に摂取することが必要と言われています。

 

体内に存在するタウリンのほとんどは筋肉に含まれています。
そして、タウリンは二日酔いの緩和や肝臓の負担を軽減させる働きがあると言われ、近年は注目度が高まっています。
高血圧や動脈硬化など、生活習慣病の予防にも有用性があるとのことです。

 

タウリンを含む主な食材はしじみです。
そのため、しじみ汁は二日酔いや肝臓に良いとされています。
しかし、食品からの摂取は限られているため、サプリメントを利用する方が増えています。


タウリンサプリメントの人気ランキング!
 肝パワー

価格 容量 評価
通常価格:   4,725円

毎月2箱定期:8,505円
6箱まとめ: 25,515円

1箱:3粒×15袋

タウリン

 

 しじみ習慣

価格 容量 評価
無料 10粒×2箱 (約10日分)

タウリン

 

 海乳EX

価格 容量 評価
通常価格:2,052円 62粒 (約31日分)

タウリン

二日酔いと肝臓の働きに有効なもの

肝臓は二日酔と深く関係している器官ですが、どのようなサプリメントを摂取するのがいいのでしょうか。
過度な量のお酒は翌日の体調不良の原因となると分かっていても、誘いを断れずに飲みすぎるという経験をしたことがある方も多いと思います。
二日酔い対策としてオススメなのは、サプリメントによる肝臓の蓄積されている疲れの解消を心がけることでしょう。お酒に含まれているアルコール成分は、体内では主に肝臓で分解されます。
アルコールは体内で初めにアセトアルデヒドと呼ばれる物質になります。これは有毒性が高い物質です。
肝臓の機能が正常であればアセトアルデヒドは水と二酸化炭素へと分解されていくのです。
お酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の原因はこのアセトアルデヒドで、肝臓機能が正常ではないということなのです。
二日酔いになってしまったら、まずはサプリメントよりも水分補給をするよう心がけましょう。
吐き気を感じている時に水分補給をするのは逆効果なのではないかと思っている方もいますが、脱水症状になってしまうことを予防するためにも水分補給は大事です。
アセトアルデヒドを分解するのに有効に作用するのは、システインというアミノ酸の一種で、システインのサプリメントを摂取するといいでしょう。
二日酔いの時には、肝臓はとにかくアルコールを分解しようと働き続けています。
なので肝臓で行われるはずのその他の活動は停滞してしまいがちで、肝臓も疲れやすい状態でもあります。
クエン酸サプリメントやビタミンBのサプリメントといったものも、肝臓機能の促進だけでなく疲労回復にも効果がありますから試してみるといいでしょう。

アルコールが肝臓に与える影響

アルコールの過剰摂取が肝臓に大きな負担を与えるというのは周知の事実ですね。
しかし、アルコールの過剰摂取が負担を与えるのは肝臓だけではありません。
その他の様々な臓器にとっても大きな負担となるので「取り過ぎはいけない」と頻繁に言われるのです。
中でも肝臓という臓器はアルコールの影響をかなり受けてしまうと言われているので、要注意臓器なのです。
また、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、病気や不調の自覚症状が表れにくい臓器で、症状が進行してからでないと発見されにくいとも言われていますから、尚更注意が必要なのです。
皆さんは肝臓が担っている働きについてご存じですか?
肝臓は多くの働きを担っているのですが、その中でも解毒という働きはかなり重要な働きだと知っておきましょう。
体内で作られた有害なアンモニアを尿として排出するのも大事な働きですし、アルコールや毒物などの成分を分解するという重要な働きも行うのが肝臓です。
さらに、肝臓は食べた物の合成成分や農薬といったような有害成分を分解して無毒化させる働きも担っています。
また、消化した栄養素をエネルギーへと変える働きも行っていて、肝臓は働き者で負担も大きい臓器なのです。
そんな肝臓の機能が低下してしまうと、毒素が排出されずに体内に蓄積されてしまって、かなり大きな病気の原因となりえます。
飲酒をすると、肝臓がアルコール分を全て分解・無毒化させて排出させるので、肝臓にとってはかなりの負担となります。
翌日に二日酔いで苦しめられているというケースでは、肝臓の働きが追い付かずにアルコールが分解できていないという状態になってしまっているということになります。

二日酔いに解消法

飲みすぎてしまった翌日の二日酔いはとてもキツイものなので、早く解消したいと思いますよね。
二日酔いの症状として挙げられるのは、頭痛や吐き気や胃痛でしょう。
これらの症状は、摂取しすぎたアルコールが排出されんない限り、解消されることはありません。
二日酔いの原因となる成分は「アセトアルデヒド」という成分で、この成分が排出されないままだと、二日酔いの症状は改善されないのです。
二日酔いの改善のためには、体内にあるアセトアルデヒドを除去・排出することが大事なのですが、現状では二日酔いを完治させる薬というのはまだ開発されていません。
なぜなら、体内にあるアセトアルデヒドが人に与える影響というのは人によって異なるからなのです。
けれども二日酔いにひたすら耐えるだけしかないというわけでもありません。
二日酔いのせいで起きる吐き気や頭痛などの症状を少しでも改善するための薬はあるので、それらの薬を上手に使うことで多少なりとも改善させることができます。
例えばパンシロン胃腸内服液やソルマックEXであれば吐き気や胃痛の軽減が期待できます。
大正漢方胃腸薬というのは胃腸薬で胃痛や吐き気に作用します。
バファリンなどの鎮痛剤を服用することで頭痛を多少なりとも解消することができます。
ただ鎮痛剤は、飲酒で荒れてしまった胃をさらに荒れさせてしまうこともあるので、食事をした後に服用することがオススメなのですが、あまりに二日酔いが酷くて食事ができそうになければ、鎮痛剤と胃腸薬と一緒に飲むようにするといいでしょう。
また、薬以外のものでアルコールの排出を促す飲み物があります。
フルーツジュースやスポーツドリンクといった飲み物です。
果糖やブドウ糖を摂取するといいと言われています。
それらの飲み物や改善に役立つ薬を利用しながらしっかり睡眠をとって、体内に残っているアルコールが分解されていくのを待つしかありません。

未然に二日酔いを軽減させる方法として、飲酒の前にハイチオールCやヘパリーゼなどを摂り入れるようにするといいでしょう。

肝臓のためになるお酒の飲み方

お酒を飲むのもほどほどであれば問題はないのですが、度を越すような飲酒になると体に悪影響が出てしまいます。
お酒の飲みすぎによって真っ先に大ダメージを受けるのは肝臓なのです。
肝臓とお酒は密接な関係があるのです。
お酒を飲むと、アルコールは分解されるため肝臓へと運ばれます。
肝臓についたアルコールは、肝臓の働きによってアセトアルデヒドと水素の2つへと分解されます。
それだけでなく、アセトアルデヒドはさらに酢酸と水素へと分解されて、最終的に二酸化炭素へと変えられて体外へと排出されるべく運ばれていきます。
アセトアルデヒドという成分は体の不調の原因ともなるものです。
これが最後まで分解されないまま血液中へと溜まっていくと、泥酔してしまいますし、翌日の二日酔いの原因となるのです。
肝臓の中にある酵素がアセトアルデヒドを分解する働きを担っていますから、お酒を摂取してからその酵素が一生懸命働いて分解作業を進めていきます。
けれどもこの分解作業が連日のように続いてしまうと、働き者の肝臓もさすがに疲労が溜まってしまいますよ。
酵素の分解処理能力を酒量がオーバーしてしまうと、アセトアルデヒドが分解されないままになってしまい、中性脂肪が蓄積されていき肝硬変やガンといった重大な病気の原因となってしまうのです。
せっかく美味しく楽しめるお酒だとしても、体を壊す原因になってしまってはいけませんよね。
では体を壊さないお酒の飲み方とはどのようにしたらいいのでしょうか?
まず第一に自分なりの飲むペースというのを大事にすることです。
一気飲みやがぶ飲みというのはやめましょう。
またお酒を飲む機会が多いという方は、アルコール度数や濃度が高くないものを選んで飲むようにしましょう。

さらに週に二日ほどからでいいので、休肝日を設けるようにしましょう。
そして、栄養バランスも考えながら美味しいツマミと一緒にお酒を飲んで、楽しく美味しく栄養バランスを考えながら飲むことも心掛けていきましょう。